これからが本番!秋〜冬の乾燥肌対策

気温が高く湿気のこもった夏も過ぎて、これからの季節は気温も下がり空気も乾燥してきます。乾燥肌にとっては天敵の季節ですね。

特に秋は、昼間は温かいのに夜は冷えるという気温の不安定さから、体調を崩しやすくなる季節です。朝、喉が掠れている事はありませんか?掠れているとしたら、乾燥が始まっている証拠です。

今までキャミソールや半袖のパジャマを着ていたという人も、肩や首元を冷やさないように襟のある長袖のパジャマを着たり、布団の枚数を増やすか、いつでもかけられるように側に置いておく事をオススメします。

 

保湿ケアの方法を見直そう!

秋から冬に掛けての保湿ケア

肌の乾燥が進んでいきますので、保湿ケアはもちろん大事!更に気温が下がると、代謝も低下します。代謝が低下すると肌の代謝も落ちて、今までと同じ保湿ケアをしていても「いつもより化粧ノリが悪い」「なんだか肌の調子が悪い」と思うようになるかもしれません。

秋の肌は、夏の紫外線ダメージが影響して、ボロボロになりやすいのです。乾燥肌持ちの方は、本格的な秋・冬を迎えるに当たって、夏の保湿ケアから秋冬の保湿ケアへときっぱりシフトチェンジしていきましょう。

では、乾燥肌の人のための秋冬の保湿ケアってどうしたらいいんでしょう?洗顔する時、どんな温度で洗っていますか?お湯?水?実は、熱いお湯で洗うほど余分な皮脂を取り過ぎてしまいます。

水ではなんだか汚れや皮脂が取れにくい…と思う事があるかもしれませんが、実はその通りで、温度が上がるだけ皮脂は取れやすくなります。でも、一番の目的は汚れを取る事なので、過剰な皮脂を取ってしまうのは乾燥肌に最もよくない方法です。

これからの季節、水を使うのは冷たいので、ぬるま湯を心掛けて洗顔しましょう。気をつけたいのがシャワーですね。つい身体を流す温度で顔も洗ってしまうと熱い温度で洗う事になりますので、洗顔時にはシャワーの温度を下げるようにしましょう。

また、温泉に入った時に肌に良いと思って、熱い温泉のお湯をすくって顔を流す方もいると思いますが、実はそれも乾燥を招く原因になっています。温泉で顔を洗いたい時は、水で希釈して使いましょう。

洗顔後の保湿ケアはしっかり行います。保湿化粧品は、ヒト型セラミドなど優秀な保湿成分が配合されていて、かつノンアルコールのものを選びましょう。アルコールが配合されていると、水分の蒸発を誘発して、乾燥肌を促進させてしまいます。

特に保湿化粧水はアルコールが含まれている事も多々あります。成分をよく確認して使いましょう。また、油分が含まれているものいけません。化粧水の浸透を妨げてしまいます。

保湿化粧水は、パシパシと顔を叩くようにするのではなく、手のひらに取って、温めながら手のひらに擦り合わせて馴染ませ、顔にじっくり塗布していきます。ポイントは、顔を覆うように、顔を手のひら全体で温めるように行うこと。そうする事で、化粧水が肌にしっかり浸透するのをサポートします。

お次は保湿クリームです。保湿クリームも、アルコールの含まれていない、かつ肌のバリアになる油分が配合されているものを選びます。

保湿クリームの役割は、化粧水で補給した水分を外に逃がさないようにする事にありますので、間違っても化粧水だけしか塗らないなんてことのないようにしましょう!

ポイントは、洗顔後・入浴後すぐに保湿化粧品でのケアを行うことです。秋冬は特に、すぐに乾燥が進んで水分が失われてしまうので、シャワーやお風呂に入る時も、洗顔は出来るだけ最後に行うのが吉だと言えます。

夏は皮脂が多く分泌されていたので、保湿ケアも軽いものであったとと思われますが、秋冬はその2倍の保湿ケアを行うように心がけましょう。お肌も衣替えの時期です。保湿化粧品のバリアで、乾燥肌を守ってあげてください。

油断は禁物!夏の紫外線・日焼け対策まとめ

夏といえば気になるのが紫外線と日焼けですよね。ご存知のとおり、シミはシワなど様々な肌トラブルや老化の原因になるのが紫外線です。大事な肌を守るため、有効な紫外線対策とは何なのでしょうか?

2種類の紫外線にそれぞれ対策しよう

紫外線と言うと、太陽から降り注ぐ光というイメージしかありませんが、その太陽の光の中でも紫外線はUV-A(A紫外線)とUV-B(B紫外線)の2種類が存在します。

A紫外線は肌の奥まで到達してシミ・シワ・たるみを引き起こす、美容の敵とも言える紫外線です。B紫外線は肌の赤み・シミ・ソバカス・乾燥など、肌表面のダメージが大きい紫外線になります。

日焼け止めの表記でよく見るSPF++やSPF20などの表記ですが、これはSPFがB紫外線から、PAがA紫外線から肌を守る強さを示しているんです。

特にA紫外線は赤くなったりヒリヒリしたりといったわかりやすいダメージが現れず、後からシミやシワなどの形で現れるため、SPFだけでなくPAに+が何個ついているか、よく確認したほうがいいでしょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めには紫外線吸収剤タイプと紫外線散乱剤タイプの大きく分けて2種類があります。紫外線吸収剤入りは紫外線を吸収し、化学変化を起こす物質を肌に塗ることで日焼けを抑える効果がありますが、化学変化による肌への刺激があるとされています。

そして紫外線吸収剤タイプは化学変化が終わると効果が無くなってしまうため、持ちが良くないという欠点もあります。紫外線吸収剤タイプを選ぶなら、刺激や持ちの点を改善した日焼け止めを買うといいですね。

紫外線吸収剤タイプは塗った時肌が白くなりにくく、使用感が良いというメリットがあります。

もうひとつ紫外線散乱剤タイプは細かい金属などを肌に塗り、光を反射させる事で日焼けから肌を守るタイプです。科学反応を起こさないので肌に優しく持ちも良く、ノンケミカル日焼け止めとも呼ばれますね。

ノンケミカルタイプは塗ると白くなってしまいがちですが、白くならないタイプも近年開発されています。

使用感を優先するなら紫外線吸収剤タイプ、持ちや肌への負担を考えるなら紫外線散乱剤タイプがいいでしょう。

そして日焼けを防止する強さも重要です。あまり紫外線カット効果が強すぎると肌の負担になると言われているので、生活の場面に合わせて使い分けたいところですね。

日常生活ならSPF10〜20・PA+〜++、屋外での軽いスポーツならSPF15〜30・PA++〜+++、炎天下のマリンスポーツなどはSPF30〜50・PA++〜++++くらいの日焼け止めがオススメです。海辺に行くならウォータープルーフのものを選ぶといいですね。

紫外線・日焼けは1年中対策しよう

5〜8月をピークに、1年中どちらの紫外線も太陽から降り注ぎますので、紫外線対策は1年中必要です。

そして晴れた日を100%とすると、くもりは65%で雨は20%ほど紫外線が降り注ぎます。夏のくもり空と、冬の快晴だと紫外線量はあまり変わらない場合もあるんですね。

とにかく1年中紫外線を意識して生活することが大切です。今では化粧下地やファンデーションを塗るだけでUV対策ができるものも増えているので、ぜひ毎日のメイクに取り入れたいですね。

日傘やUV対策の衣類を用意してもいいでしょう。選ぶのは遮光性の化学繊維を利用したものがベストです。日傘や衣類の布地に紫外線吸収剤を染み込ませたものはあっという間にUV効果が無くなってしまいます。遮光性の生地をぜひ選びましょう。

UV対策アイテムは毎日使う事を考えて、デザインや使用感が好きなものを選ぶ事が大切です。1年中のUV対策が未来の肌を救ってくれるので、油断せずにしっかり対策しましょう。

美肌を作る化粧品

美しい肌を作る基本は、やはり毎日のスキンケアです。

しっかりした洗顔と保湿、そしてたっぷりの美容成分を与えてあげるというのが基本となりますが、ではどんな化粧品を選んだら良いかというのはなかなか難しいところだと思います。

そこで、一回目のコンテンツではおすすめの保湿化粧品についてご紹介していきたいと思います。

 

アテニアの特徴とは?

 

アテニアのスキンケア化粧品は、さっぱりタイプ・しっとりタイプなどのタイプ別に選ぶことができます。

ここでは、乾燥肌対策のためのしっとりタイプを選びたいと思います。アテニアに限らず、最近はトライアルセットで手軽に試すことができるのがいいですね。

だいたいは洗顔とスキンケア化粧品のセットになっているので、同じラインの商品を全部試すことができるのが特徴です。

 

アテニアのスキンケア商品のお勧めは、「モイスチャーローションII」です。さらっとしたつけ心地でありながらも、肌への浸透力は抜群です。

じっくりと肌にしみわたり、乾燥した肌に水分を与えていきます。

アテニアは、地肌を健康にして肌本来のバリア機能を強化し、乾燥やキメの乱れなどの肌の不調から守ります。

 

アテニアの化粧品は、原料の成分の精製度が高く、他社の成分と同じものであっても安全性や使用感、においなどが違います。

このため、毎日使用しても肌に対するストレスがなく、安心して使っていくことができます。

例えば、ヒアルロン酸一つをとってもアテニア独自の「ヒアルロン極小ナノカプセル」として配合しており、普通のヒアルロン酸よりも肌への吸収率を上げています。

 

また、エコロジー活動にも力を入れており、化粧水やクリームなどをリフィル販売するなど地球の自然環境にも配慮しています。

化粧品のパッケージや瓶などは、捨てるとなると意外と大きく感じるもの。小さなエコ活動に参加できるし、リフィル販売は値段も下がるので、買う方もちょっとお得になります。