これからが本番!秋〜冬の乾燥肌対策

気温が高く湿気のこもった夏も過ぎて、これからの季節は気温も下がり空気も乾燥してきます。乾燥肌にとっては天敵の季節ですね。

特に秋は、昼間は温かいのに夜は冷えるという気温の不安定さから、体調を崩しやすくなる季節です。朝、喉が掠れている事はありませんか?掠れているとしたら、乾燥が始まっている証拠です。

今までキャミソールや半袖のパジャマを着ていたという人も、肩や首元を冷やさないように襟のある長袖のパジャマを着たり、布団の枚数を増やすか、いつでもかけられるように側に置いておく事をオススメします。

 

保湿ケアの方法を見直そう!

秋から冬に掛けての保湿ケア

肌の乾燥が進んでいきますので、保湿ケアはもちろん大事!更に気温が下がると、代謝も低下します。代謝が低下すると肌の代謝も落ちて、今までと同じ保湿ケアをしていても「いつもより化粧ノリが悪い」「なんだか肌の調子が悪い」と思うようになるかもしれません。

秋の肌は、夏の紫外線ダメージが影響して、ボロボロになりやすいのです。乾燥肌持ちの方は、本格的な秋・冬を迎えるに当たって、夏の保湿ケアから秋冬の保湿ケアへときっぱりシフトチェンジしていきましょう。

では、乾燥肌の人のための秋冬の保湿ケアってどうしたらいいんでしょう?洗顔する時、どんな温度で洗っていますか?お湯?水?実は、熱いお湯で洗うほど余分な皮脂を取り過ぎてしまいます。

水ではなんだか汚れや皮脂が取れにくい…と思う事があるかもしれませんが、実はその通りで、温度が上がるだけ皮脂は取れやすくなります。でも、一番の目的は汚れを取る事なので、過剰な皮脂を取ってしまうのは乾燥肌に最もよくない方法です。

これからの季節、水を使うのは冷たいので、ぬるま湯を心掛けて洗顔しましょう。気をつけたいのがシャワーですね。つい身体を流す温度で顔も洗ってしまうと熱い温度で洗う事になりますので、洗顔時にはシャワーの温度を下げるようにしましょう。

また、温泉に入った時に肌に良いと思って、熱い温泉のお湯をすくって顔を流す方もいると思いますが、実はそれも乾燥を招く原因になっています。温泉で顔を洗いたい時は、水で希釈して使いましょう。

洗顔後の保湿ケアはしっかり行います。保湿化粧品は、ヒト型セラミドなど優秀な保湿成分が配合されていて、かつノンアルコールのものを選びましょう。アルコールが配合されていると、水分の蒸発を誘発して、乾燥肌を促進させてしまいます。

特に保湿化粧水はアルコールが含まれている事も多々あります。成分をよく確認して使いましょう。また、油分が含まれているものいけません。化粧水の浸透を妨げてしまいます。

保湿化粧水は、パシパシと顔を叩くようにするのではなく、手のひらに取って、温めながら手のひらに擦り合わせて馴染ませ、顔にじっくり塗布していきます。ポイントは、顔を覆うように、顔を手のひら全体で温めるように行うこと。そうする事で、化粧水が肌にしっかり浸透するのをサポートします。

お次は保湿クリームです。保湿クリームも、アルコールの含まれていない、かつ肌のバリアになる油分が配合されているものを選びます。

保湿クリームの役割は、化粧水で補給した水分を外に逃がさないようにする事にありますので、間違っても化粧水だけしか塗らないなんてことのないようにしましょう!

ポイントは、洗顔後・入浴後すぐに保湿化粧品でのケアを行うことです。秋冬は特に、すぐに乾燥が進んで水分が失われてしまうので、シャワーやお風呂に入る時も、洗顔は出来るだけ最後に行うのが吉だと言えます。

夏は皮脂が多く分泌されていたので、保湿ケアも軽いものであったとと思われますが、秋冬はその2倍の保湿ケアを行うように心がけましょう。お肌も衣替えの時期です。保湿化粧品のバリアで、乾燥肌を守ってあげてください。