油断は禁物!夏の紫外線・日焼け対策まとめ

夏といえば気になるのが紫外線と日焼けですよね。ご存知のとおり、シミはシワなど様々な肌トラブルや老化の原因になるのが紫外線です。大事な肌を守るため、有効な紫外線対策とは何なのでしょうか?

2種類の紫外線にそれぞれ対策しよう

紫外線と言うと、太陽から降り注ぐ光というイメージしかありませんが、その太陽の光の中でも紫外線はUV-A(A紫外線)とUV-B(B紫外線)の2種類が存在します。

A紫外線は肌の奥まで到達してシミ・シワ・たるみを引き起こす、美容の敵とも言える紫外線です。B紫外線は肌の赤み・シミ・ソバカス・乾燥など、肌表面のダメージが大きい紫外線になります。

日焼け止めの表記でよく見るSPF++やSPF20などの表記ですが、これはSPFがB紫外線から、PAがA紫外線から肌を守る強さを示しているんです。

特にA紫外線は赤くなったりヒリヒリしたりといったわかりやすいダメージが現れず、後からシミやシワなどの形で現れるため、SPFだけでなくPAに+が何個ついているか、よく確認したほうがいいでしょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めには紫外線吸収剤タイプと紫外線散乱剤タイプの大きく分けて2種類があります。紫外線吸収剤入りは紫外線を吸収し、化学変化を起こす物質を肌に塗ることで日焼けを抑える効果がありますが、化学変化による肌への刺激があるとされています。

そして紫外線吸収剤タイプは化学変化が終わると効果が無くなってしまうため、持ちが良くないという欠点もあります。紫外線吸収剤タイプを選ぶなら、刺激や持ちの点を改善した日焼け止めを買うといいですね。

紫外線吸収剤タイプは塗った時肌が白くなりにくく、使用感が良いというメリットがあります。

もうひとつ紫外線散乱剤タイプは細かい金属などを肌に塗り、光を反射させる事で日焼けから肌を守るタイプです。科学反応を起こさないので肌に優しく持ちも良く、ノンケミカル日焼け止めとも呼ばれますね。

ノンケミカルタイプは塗ると白くなってしまいがちですが、白くならないタイプも近年開発されています。

使用感を優先するなら紫外線吸収剤タイプ、持ちや肌への負担を考えるなら紫外線散乱剤タイプがいいでしょう。

そして日焼けを防止する強さも重要です。あまり紫外線カット効果が強すぎると肌の負担になると言われているので、生活の場面に合わせて使い分けたいところですね。

日常生活ならSPF10〜20・PA+〜++、屋外での軽いスポーツならSPF15〜30・PA++〜+++、炎天下のマリンスポーツなどはSPF30〜50・PA++〜++++くらいの日焼け止めがオススメです。海辺に行くならウォータープルーフのものを選ぶといいですね。

紫外線・日焼けは1年中対策しよう

5〜8月をピークに、1年中どちらの紫外線も太陽から降り注ぎますので、紫外線対策は1年中必要です。

そして晴れた日を100%とすると、くもりは65%で雨は20%ほど紫外線が降り注ぎます。夏のくもり空と、冬の快晴だと紫外線量はあまり変わらない場合もあるんですね。

とにかく1年中紫外線を意識して生活することが大切です。今では化粧下地やファンデーションを塗るだけでUV対策ができるものも増えているので、ぜひ毎日のメイクに取り入れたいですね。

日傘やUV対策の衣類を用意してもいいでしょう。選ぶのは遮光性の化学繊維を利用したものがベストです。日傘や衣類の布地に紫外線吸収剤を染み込ませたものはあっという間にUV効果が無くなってしまいます。遮光性の生地をぜひ選びましょう。

UV対策アイテムは毎日使う事を考えて、デザインや使用感が好きなものを選ぶ事が大切です。1年中のUV対策が未来の肌を救ってくれるので、油断せずにしっかり対策しましょう。